2013年12月24日火曜日

渋谷ヒカリエ 8/「HIKARIE XMAS ART FAIR」あと2日です!


メリークリスマス!!
おはようございます。小田薫です。

会場の様子をお伝えするのが遅くなりましたが、
現在、渋谷ヒカリエ 8/「HIKARIE XMAS ART FAIR」が開催中です。



渋谷ヒカリエ8階のまん中にある/8 COURTという場所で
8人のアーティストの作品が展示されています。

エスカレーターを登った正面に会場がありますので、
場所を発見しやすいと思います。



私のブースはこんな感じの展示になっています。

オープニングにお越し下さった方にはおわかりだと思いますが、
展示開始当初からはずいぶんと出展作品が変わりました。



こちらは藤 堂さんの作品。
蚤の市などでジャケ買いしたという本の間に、
積層ガラスが挟まっています。



こちらは竹中美幸さんの作品。
アクリルに光がキラキラと反射して、とてもきれいです。


渋谷ヒカリエ 8/「HIKARIE XMAS ART FAIR」の会期は
あと2日となっております。

クリスマスプレゼントのお買い物の際には、ぜひぜひ会場に
お立ち寄りくださいませ♪


※渋谷ヒカリエ 8/「HIKARIE XMAS ART FAIR」は
終了いたしました。
お越し下さった皆さま、本当にありがとうございました。

2013年12月22日日曜日

セレクトショップ京「妙喜庵待庵古材茶箱展」がはじまりました!


こんばんは、小田薫です。

今日は冬至ですね。
寒波が年末にかけてまたやって来るそうなので、柚子湯に入って
体を温めてくださいね。


さて、12月19日(木)から「妙喜庵待庵古材茶箱展」はじまったので、
私は今年2回目の京都に行って参りました。

「待庵の古材で作った茶箱の中を設える」というテーマのこの展示。
他の作家さん方はどんなものを作られたのかと、
楽しみにしていました。

会場入り口左手の棚に、ちょこんと私の作品が展示されていました。



こんな感じで展示していただきました。
今回はお茶箱とセットで展示・販売しています。





作品を制作をするにあたっての文章を一緒に展示しているので、
ブログでもご紹介したいと思います。

―――――――――――――――――――――――――――――――

妙喜庵「待庵」の普請の際に出る古材を使ったお茶箱をはじめて手に取った時、実際の重量はとても軽いものでしたが、箱に使われた材料が過ごしてきた年月の重みを私は感じました。その後、実際に「待庵」を拝観し、お茶箱から感じた時の流れをより強く感じました。私の感じたこれらの時の重みは、「待庵」が過ごした400年以上の時の積み重ねからきたものだけでなく、「待庵」に宿る千利休の思いやこの場所に思いを寄せる人々の気持ちによるものなのかもしれません。

千利休にとって「待庵」という場所は宇宙のようなものだったのではないかと私は感じています。自分が創造し、支配し、時間を操ることのできる世界。だからこそ全神経を張り巡らせることのできる2畳の狭い空間にしたのではないでしょうか。そこに障子を通して差し込むやわらかな光。何か迷いが生じた時には、的確な道筋をこの光が照らしてくれたのではないかと思いました。

このお茶箱「遥か」は、待庵に流れる時間やそこに寄せられた思いを表現したいと願い、制作しました。古材のお茶箱の内側の黒い塗りを私の感じた「宇宙」とし、待庵からインスピレーションを得たかたちの作品を配しました。作品に付いたにじり口を模した扉を開けると、小さな空間があります。そして暗い空間に2つの窓から光が差し込みます。千利休やそこに招かれた客が見た光に近いものを表現することを意図しています。

この作品が、鑑賞した方の思いや利休への思いが宿る場所になることを願っています。そして、鑑賞する方の過ごす時間に寄り添うような作品になることを期待しています。


―――――――――――――――――――――――――――――――

京都ではまだまだ紅葉がきれいに見られます!
ぜひ京都に行かれることがありましたら
ハイアットリージェンシー京都内 セレクトショップ京
「妙喜庵待庵古材茶箱展」にお越しくださいませ。




※セレクトショップ京「妙喜庵待庵古材茶箱展」は
終了いたしました。
お越し下さった皆さま、本当にありがとうございました。

2013年12月7日土曜日

渋谷ヒカリエ 8/「HIKARIE XMAS ART FAIR 2013」参加のお知らせ


こんにちは、小田薫です。

このところ、日中はあたたかな日が続いていますね。
私は寒暖差アレルギーで、温度差のあるところに行くと
鼻がむずむず・・・くしゃみが出ます。
これからの季節、さらに温度に悩まされそうです。



さて、現在も三軒茶屋・galerieHにて「小田薫展―天ヲ 目指ス―」が
絶賛開催中ですが、またしてもグループ展のお知らせです!

昨年も参加させていただきましたが、今年も渋谷ヒカリエにて開催の
「HIKARIE XMAS ART FAIR」に参加いたします。

今年は8人の作家による展示で、1人1人が独立した大きなテーブルに
作品を目一杯展示させていただけるようです。

旧作が中心になりますが、小田薫ワールドを十分に楽しんで頂ける
展示となると思います。
ぜひクリスマスプレゼントをお探しの際にお立寄りいただけたらと
思います。


「HIKARIE XMAS ART FAIR」
渋谷ヒカリエ 8/がセレクトした、
8人のアーティストによるアートフェア

芦田尚美、小田薫、竹中美幸、津田久美恵、藤 堂、中岡真珠美
風能奈々、山本桂輔

2012年春の誕生以来、良質なアートコンテンツを発信してきた8/が、
クリスマスシーズンにぴったりのアートを集めてご紹介します。
はじめてアートを購入する方にも安心して選んでいただける、
オープンなアートフェアにご来場ください。

会 期 2013年12月13日(金) - 2013年12月25日(水)
時 間 11:00 - 20:00
場 所 渋谷ヒカリエ8階 COURT、CUBE
料 金 無料
主 催 渋谷ヒカリエ

EVENT 作品ガイドツアー
日時:2013年12月15日(日)15:00~
案内人:小山登美夫(小山登美夫ギャラリー)、近藤俊郎(アートフロントギャラリー)
申込:申込不要、参加無料、時間までに8/COURT前にお越しください

どうぞよろしくお願いいたします!


※渋谷ヒカリエ 8/「HIKARIE XMAS ART FAIR」は
終了いたしました。
お越し下さった皆さま、本当にありがとうございました。

2013年12月4日水曜日

セレクトショップ京「妙喜庵待庵古材茶箱展」参加のお知らせ


こんにちは、小田薫です。

12月に入り、グッと寒さが深まりましたね。
空気が乾燥して風邪をひきやすくなっていますので、
皆さまどうぞお気を付けください!

現在、三軒茶屋・galerieHにて「小田薫展―天ヲ 目指ス―」が
絶賛開催中ですが、グループ展のお知らせです!

ハイアットリージェンシー京都 ロビー内のギャラリー
「セレクトショップ 京」にて開催の「妙喜庵待庵古材茶箱展」に
参加いたします。

以下、詳細です。





千利休作と伝えられる唯一確かな茶室である「待庵」。
数年ごとの普請の際に出る古材を使って作られた茶箱に、
様々な立場で日本文化にたずさわってきた二十の方々が、
「妙喜庵待庵」そして「千利休」に思いを馳せ、
ひとつしかないオリジナルの茶箱を制作しました。
二十個の茶箱の設えを楽しみながら、四百年以上経った
現在においてもなお、多くの人々を惹きつけて止まない
「妙喜庵待庵」「千利休」の魅力を感じてみてください。


「妙喜庵待庵古材茶箱展 Tea ceremony exhibition」
赤木 明登(塗師)
安藤 雅信(陶作家)
石橋 圭吾(白白庵主催・アートディレクター)
小田 薫(アーティスト)
雑誌「家庭画報インターナショナル」(森音 広夢制作)
コシノ ジュンコ(デザイナー)
小林 和映(仕覆作家)
雑誌「サライ」(高仲 健一制作)
とらや(御菓子司)
中上 修作(古美術 中上・Bon Antiques主催)
長谷川 竹次郎(金工作家)
黄 安希(茶事家・中国茶會主催)
細川 護光(陶芸家)
丸久小山園(日本茶製造・販売)
や和らぎたかす(着物専門店)
吉田 博信(切子作家)
ランディーチャネル 宗榮(茶道家)
増田 宗陵(高野竹工)
青木 健一(高野竹工)
セレクトショップ京 *あいうえお順・敬称略


2013年12月19日(木)~2014年1月20日(月)
8:30-18:00(12月28日~1月5日 9:00-18:00、最終日16:00まで)

セレクトショップ 京
〒605-0941 京都市東山区三十三間堂廻り 644番地2
ハイアット リージェンシー 京都 ロビー内
Tel 075-541-3206 Fax:075-541-3309
www.selectshopkyo.com

―――――――――――――――――――――――――――――――

DMご希望の方はodakaoru426@gmail.comまでご連絡くださいませ。
また、12月5日(木)よりgaleriHでも配布いたします。

どうぞよろしくお願い申し上げます!


※セレクトショップ京「妙喜庵待庵古材茶箱展」は終了いたしました。
お越し下さった皆さま、本当にありがとうございました。