2009年11月14日土曜日

東京美術倶楽部「東京コンテンポラリーアートフェア2009」参加のお知らせ


こんにちは、小田薫です。

なんと!!というのも変な話ですが、
11月21日~23日に東京美術倶楽部「東美アートフォーラム」で行われる
東京コンテンポラリーアートフェア2009に参加することになりました。


67の画廊がこのアートフェアに参加する予定ですが、
私 小田薫は、Gallery 工房親のブースに作品を展示します。

これまで個人的には展示を行ってきましたが、
こんな大きな会場に自分の作品を展示するのは初めてなので、
うれしいやら緊張するやら、搬入1週間前からドキドキしています。

展示予定の作品は上の「トキノ クラ」と小作品の2点です。

来週アートフェアの様子をお伝えしますので、楽しみにしていてくださいね。

また、期間中は会場におりますので、皆さまお誘い合わせのうえ
ぜひご来場ください。
お待ちしております!!

「東京コンテンポラリーアートフェア」
http://jpn.tcaf.jp/

「Gallery 工房親」
http://www.kobochika.com/


※東京美術倶楽部「東京コンテンポラリーアートフェア2009」は終了いたしました。
お越し下さった皆さま、ありがとうございました。

茅ヶ崎「Bistro Nibyo3」


こんにちは、小田薫です。

先日、今TVなどでも話題の茅ケ崎の“隠れ家レストラン”なるものに
行ってきました。


隠れ家だけにあまりはっきりと写真で写してはいけませんので、
お店のイメージをぼんやりと少しだけ載せてみました。

そのお店の名前は「Bistro Nibyo 3」といいます。

このお店は週末は特に大盛況で、予約をしないと入れないので
ウキウキしながら前日に予約をし、いざお店の中へ!!

不思議なかたちの扉を開けると、そこにはJazzの流れる心地よく落ち着いた
すてきな空間が広がっていました。

すっかり寒くなってしまい、コラーゲンたっぷりのモツを身体が欲している
今日この頃。
大胆にも2種類のモツ煮込みをお願いしました。


まずはトリッパのトマト煮込み。

トリッパは牛の第2の胃袋で日本では通称ハチノス。
柔らかいハチノスにソースが絡みとってもおいしかったです。


次に白いモツ煮込み。

“白い煮込み”ってどんなだろ~と思っていたら、
透き通った出汁(きっと昆布)にとろっとろに柔らかくなったモツが
ごろっごろ入っている絶品でした。

こんなやさしい味のモツ煮込みははじめて!
今までのNO.1です。

そのほかにも、
噛むと汁があふれだすほどジューシーな太っ!でっかっ!!なアスパラガスと、
それを使ったパスタ(手打ちだそうで麺はもちもち、しこしこ)や
甘~いトマトとアボカドのサラダ、脂身がおいしい藤沢豚のローストなど
たくさん美味なお料理をいただきました。
(いつものように食欲に負け、撮影のタイミングを逃してしまいましたが、
ご了承ください。)


そしてメインのお料理にフォアグラのステーキ。
季節のお野菜のローストと赤ワインのソース。

4人で分けたので1人分はちっちゃくなったけど、
一口で大満足のお味でした。

「Bistro Nibyo 3」では湘南産の野菜やお肉をおいしくお料理してくれるので、
旅行などで湘南へ来られた方にはお勧めのお店です。

海あり、山あり。
茅ケ崎にはおいしいものがいっぱいです!!

「Bistro Nibyo 3」
http://www.tpd-jo.co.jp/?page_id=164