2017年12月30日土曜日

「2017年 やりたいことリスト100」の結果


こんばんは、小田薫です。

今年も残すところあと1日!
明日妹夫婦が大阪から帰省するので、
我が家ではいつもよりも早めに大掃除やお節つくりを進めています。


さて、1月に書き連ねた「やりたいことリスト100」ですが
1年間かけてコンプリートすべく、少しずつこなしてきました。

2017年 やりたいことリスト100!
http://odakaoru.blogspot.jp/2017/02/2017-100.html


リストの一部をお見せしますが…
あまりにも恥ずかしすぎる項目や個人名は
モザイクをかけさせていただきます。



黄色いラインは常日頃から心がけたいこと、
グレーのラインは達成したこと。

パッと見ても、まだまだできていないことの方が多いですね~。



結果。
143項目中、75個達成。

半分はやり遂げたということで、良しとします!


今年もブログをご覧くださり、本当にありがとうございました。
来年も食事のことが盛りだくさんになると思いますが、
お読みいただけましたら嬉しいです!

2017年12月20日水曜日

茅ヶ崎・Paglietta


こんばんは、小田薫です。

実は今日、働いている高校の授業納めだと思って
朝からウキウキしていたんですが、明日も普通に出勤だと判明し
微妙な気分で今という時間を過ごしています。

あと10日で2017年も終わりですね!


さて、先週の日曜日に茅ヶ崎の大好きなお店「Paglietta」さんへ
家族でお邪魔しました。

Paglietta
http://www.paglietta-salute.com/


今週は北鎌倉のタケルさんにもお邪魔しましたが、
いつもこんなに贅沢に外食しているわけでは決してありません!

たまたまです!たまたま時期が重なっただけです!


まずはビールで乾杯!



実はこのオダ雑貨のフォーク&ナイフレスト、
Pagliettaさんのオーダー品として誕生しました。

オダ雑貨|真鍮の四角いフォーク&ナイフレスト
http://store.shopping.yahoo.co.jp/oda-zakka/zuh0d84g0f.html




そして秋には鉄で、店内の照明を作らせていただきました。
こちらの写真は Paglietta|Facebook よりお借りしました。
http://www.facebook.com/pagliettasalute/

丁寧にお使いいただき感謝です!



可愛らしい雰囲気のお店の壁に掛けられた黒板には
アラカルトのメニューがずらっと並びます。

どれもこれも美味しそうで、いつも着席と同時に悩んでしまいます。



まずお願いしたのは「尾鷲産活石鯛のカルパッチョ」。

茅ヶ崎産の色鮮やかなお野菜と新鮮なお魚は目にも美味しい!
でも食べたら、減っていくのが悔しいくらい美味しすぎました。



こちらは「スマガツオとアボカドのタルターラ」。

トロのようにしっかり脂の乗ったスマガツオは口の中で溶けます。
それだけでも最高に美味しいんですが、付け合わせのチコリのような
味のプンタレッラ(左側の野菜)と一緒に食べると、
食感も味わいも変化してすごいです!

ぜひもう一度食べたいです。



これは小田家大好物の「パネッレと生ハム」。

ひよこ豆の粉を練ったものをオリーブオイルで揚げた
シチリアのおやつなのだそう。

外のカリカリと中のねっとりした食感の対比、
そしてひよこ豆の甘みと生ハムの塩気の対比がなんとも美味しく
病みつきになります。



pagliettaさんに来たら、絶対にジビエ!
これは「猪のサルシッチャ」、ソーセージです。

サルシッチャは安定の美味しさ。
今回は付け合わせの黒キャベツが絶品でした!


あぁ~、私の知らない美味しいものって世の中に数限りなく
それこそ星の数ほどあるんだろうなぁ、、、なんて
感慨深く美味しさを噛みしめていたら来ました。

ここでしか食べられない、これまた絶品のピザが!



「アンチョビとニンニク」と、



「生ハムとルッコラ」。

こちらのピザはローマ風だそうで、生地が春巻きの皮くらい薄いです。
パリパリ好きの私としては堪らん食感です。



ラストのメインは「猪のロースト」。

余分な脂もなく、身は引き締まっていて鉄分豊富で
猪って本当に美味しい。
身体が欲しているなって感じがすると同時に、
食べた直後から身体がポカポカしてきます。

付け合わせの海老芋と葉玉ねぎのローストも最高でした。


シェフの石井さんと食事の後にお話しをすると
いつも「素材が良いだけで、僕は何も…」と謙遜なさるけど、
それは絶対に違うと毎回思う。

何が「絶対に違う」のか疑問に思った方には、
ぜひお店に行って確かめていただきたい。
Pagliettaさんのために茅ヶ崎に来ても良いくらい美味しいです!

こんな素敵なお店に関わらせてもらえて、私は本当に幸せです。

2017年12月15日金曜日

北鎌倉・タケルクインディチ


こんにちは、小田薫です。

毎日寒い日が続いていますが、風邪などひいていませんか?
私は風邪をひくこともなく、毎日元気に制作しています。


さて、昨夜は以前鎌倉ジェラートで一緒に働いていた奥さま方2人と
北鎌倉にある人気のイタリアン「タケルクインディチ」さんに
お伺いしました。

タケルクインディチ|ヒトサラ
http://hitosara.com/0006064396/




「ザ・鎌倉」な感じの落ち着いたお店の入り口。
昨日は18時の開店前から日が落ちて真っ暗だったので、
うまく撮影できませんでした。

こちらのお店の外観の写真はヒトサラさんから拝借。



テーブル席は5日前ですでに予約で満席だったので、
今回はカウンター席でお食事をいただくことにしました。

カウンターと窓越しに見える和風のお庭がとても素敵です。



今回お邪魔した最大の目的は、春に納めさせていただいた
フォーク&ナイフレストのお礼をお伝えすること。

フォーク&ナイフレスト、単体だとこんな感じです。



このフォーク&ナイフレストはこちらからご購入いただけます。

オダ雑貨|真鍮の四角いフォーク&ナイフレスト
http://store.shopping.yahoo.co.jp/oda-zakka/zuh0d84g0f.html


綺麗に丁寧に使ってくださっていて、とても嬉しかったです!
お店の雰囲気にもぴったりで安心しました。



まずいただいたのは「鶏の白レバームース」。
お店で一番人気のメニューだそうです。

滑らかな食感で、レバー感は全くなく、ふわふわ!
単体で、レーズンと合わせて、付け合わせのイチジクと合わせて、
バゲットに乗せて、お野菜と一緒に…などなど
これはエンドレスで食べられちゃうイケナイお料理です。



お次は「牛トリッパのトマト煮」。
想像よりもかなりさっぱり・さらっとしていて、
トリッパの旨味がよくわかる。

噛めば噛むほど美味しい煮込みでした!



メニューボードで気になってお願いした「ナポリ風肉だんご」は
トリッパとは対照に、トマトソースとパルメザンが濃厚で美味!

今度真似して作ってみたいな~。



ドリンクをサーブしてくれるお兄さんのおすすめ
「今ちょうどお魚屋さんが持ってきてくれました!」という
ヒラマサのカルパッチョをいただきました。

写真では少し見づらいんですが、金柑のスライスが入っていて
そのアクセントがものすごく美味しかったです。
「金柑=甘露煮」という概念が覆されました。

もちろんヒラマサは新鮮でめちゃくちゃ美味しい。
ちなみに私の一番好きなお魚はヒラマサです。


あともう一つ「太刀魚とカラマリのフリット」をお願いしたけど、
残念ながら撮影し忘れ…。
美味しいものはすぐに手が動いてしまいます。



ナポリの薪のピザ窯で焼くピザがお店の看板メニューだそうなので、
シンプルなトッピングの「マリナーラ」をいただきました。

耳がもちもちで、香ばしくてとっても美味しい。
久しぶりにちゃんとしたピザを食べたけど、やっぱり美味しい。



最後にドルチェをいただいてしまいました。
ラ・フランスの赤ワインコンポート、あんぽ柿のコアントロー漬け、
濃厚な生クリームと紅茶のジェラート。

あまり柿は得意ではないのですが、これは別!!
めちゃくちゃ美味しい!

タケルさんに作り方を伺ったところ、たっぷりのコアントローと
シナモンやクローブなどのスパイスで2~3週間漬け込むのだそう。
今度柿をいただいた時は絶対に試してみようと思いました。


一緒に働いていた時のことから現在の話、お料理の話、健康の話、
そしてゴシップネタまで3時間半しゃべり倒し、楽しい時間を過ごせました。

カウンター席だとお店の方にいろいろ教えてもらうことができて、
それもとても良かったです。

また伺いたいお店が増えましたー!


鎌倉・由比ガ浜界隈で1番人気のお店なので、
来店するときは予約なさることをおすすめします。

紅葉の季節が終わり、これからは少しお席に余裕があるそうですよ!

2017年12月10日日曜日

自家製 豚レバーの燻製が美味しすぎる


おはようございます、小田薫です。

12月に入ってから冬らしいお天気が続いていますね。
今朝の部屋の温度はなんと5℃!!
これからますます寒くなっていくんですね…。


さて、最近豚レバーの燻製にはまっています!

元々レバーが大好きなので、茹でたり炒めたり揚げたりペーストに
したり、自己責任で生で食べたりしていました。

でもそれらは全て鶏のレバー。
以前豚のレバーをペーストにしたものの舌に触る細胞の大きさが
気になって、それからずっと敬遠していました。

でもスーパーで見る豚のレバー、とても美味しそう!
燻製にしたら美味しいかしら?ということで試してみました。

参考にしたのはこちらの本。
今井 克宏さんの『作ってみる・食べにいく燻製料理』。



では、さっそく豚レバーを仕込みまーす!



今回は3つで850g。
燻製を作る時は朝イチでスーパーに走ります。



全体量に対して3%の50gの塩とローリエ、ニンニクを用意しました。

あら塩だけでも美味しいですが、
お好みのスパイスやハーブを一緒に入れるとよりプロっぽい味に
仕上がります。



ビニール袋に全部投入してまんべんなく混ぜ合わせます。
ローリエが袋を破る恐れがあるので、気を付けてくださいね。
そして口を閉めて、冷蔵庫で1日寝かせます。

1日経つとこんな感じ。



結構水気が出てきました。



このままだと塩気がきついので、1時間水にさらします。

その間に、燻製の準備。
私の愛用のお鍋、イシガキ産業の鉄人鍋に桜のチップを敷きます。



このお鍋、めちゃめちゃ便利です!
鉄鍋なので重みはありますが、煮炊はもちろん揚げもの、蒸しもの、
燻製、焼き芋、オールマイティーに使えます。

しかも蓋がグリルパンになっているので、ステーキやハンバーグが
お店みたいに縞模様に焼くことができます!



塩抜きしたレバーを網の上に並べたら、



蓋をして、火にかけます!



ちょっと見づらいですが、薄く煙が出るくらいをキープします。



待つこと20分。
だいぶ火が通って、結構小さくなりました。



火の通りを均等にするためにひっくり返します。
網目がいい感じについて美味しそうです!



30分経ったところでチップを追加して、そこからまた15分。



45分燻製でこんないい色に。
でもあと15分火にかけます!



トータル1時間スモークして完成!!
艶が出ていい感じに出来上がりました!



切るとこんな感じです。
周りが良く焼けてカリッとしていて、ビールによく合います!

ただ塩で漬けただけなのに、レバーペーストみたいな
複雑な味になるのは何だろう?と思うほど美味しいです。


スモークしてからラップにくるんで冷蔵庫で3日間寝かせると
さらに美味しくなります。
毎日味の変化を確かめるのも楽しみの一つです♪

新鮮なレバーが手に入った時はぜひ試してみてくださいね!