2011年4月17日日曜日

二宮「マリー・クロード」に行ってきました


こんばんは。
小田薫です。

4月は私と母の誕生月なので、今日のお昼間に
2駅お隣の二宮にあるフランス料理店「マリー・クロード」へ
バースデイ・ランチに行ってきました。

「マリー・クロード」食べログ
https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140408/14002561/


「マリー・クロード」のシェフは長尾和子さんという女性です。
私の母は長尾さんの出演するNHKの「きょうの料理」の番組を見て
洋食を学んだことで、今日の自分の料理があると申しております。

そんなこんなで、憧れの長尾シェフのお料理をいただいてきました。


まずは前菜。
5種類ほどある中から、「魚介のクレープ包み マヨネーズソース」を
いただきました。


平目、海老、鱸とセロリを賽の目に切ってマリネしたものを
ふんわりしたクレープで包んでいます。

きりっと酸味の利いたマヨネーズソースと、
マリネの中に入ったエストラゴンがさわやかで、
とってもおいしかったです!!


次に「浅蜊のクリームスープ」をいただきましたが、
すみません・・・。
撮影を忘れました・・・。

ごろごろ入ったふっくらと大きな浅蜊のダシと
ベーコン、玉ねぎ、ミルクがやさしく混ざり合っていて、
とってもおいしかったです!!!


そして、お魚料理の「平目の蒸し煮」。


スープをいただいている時に、厨房の方から
ガスバーナーで何かをあぶる音が聞こえたのですが、
(職業柄、このような音には非常に敏感・・・)
蒸した平目とソースに焦げ目を付けていたようです!!
テーブルに運ばれてきた時は、クレーム・ブリュレかと思いました。

甘みのないカスタードのようなソースとさっぱりした平目、
そしてお魚の下に敷いてあるくたくたに煮た白菜が
私の口の中で絶妙な味のハーモニーを奏でておりました。

あまりにおいしくて、目が一回転するかと思いました!


さらに、お肉料理の「ラムのソテー トマトソース添え」。
実は私、ラムとヒレには目がないのです・・・。


ちょうどいい焼き加減のやわらかいラムのソテーに
おしみなくハーブを使ったトマトソースがかかっていて、
思わずにこにこしてしまうほどのおいしさでした。

本来ならば、骨を握ってガブリと噛みつきたいところでしたが・・・


最後に、デザートの「苺のタルト」。


アーモンドが利いたプレーンなタルトの上に、
フレッシュな苺と、苺のジェラートが乗っていました。

ジェラートはふわふわで冷たくて、生のイチゴは甘くておいしい♪
でも、タルトの周りの部分がカリカリで1番おいしかったです。

マリー・クロードでいただいたものすべてがおいしかったです。
早くまた行きたいお店です。

これからの初夏に向けて、二宮へお出かけしてみてはいかがでしょうか?


※二宮「マリー・クロード」は閉店し、赤坂に移転したようです。
赤坂「マリー・クロード」食べログ
https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13150535/