2017年3月5日日曜日

クミン風味のやわらか砂肝のコンフィ Table ogino風


こんばんは、小田薫です。
私、今週木曜日に「イベリコ豚で作る!ぎょうざの会」という会に
参加することになりました。

「イベリコ豚のMAGLO」のブロックを手で挽いて餃子を作る、
そして低糖質な粉を使って皮も手作り、
さらに大根餃子や手羽先餃子も作っちゃおう!という
かなりマニアックな会です。

主催者のUricoさんに「砂肝のコンフィ」の制作をお願いされたので
ついでにブログでもレシピをご紹介したいと思います。


そもそも、昨年6月に湘南T-SITE の「Table Ogino 湘南T-SITE」で
Uricoさんとランチしたのがきっかけです。

「Table Ogino 湘南T-SITE」食べログ
https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140404/14057265/

私がいただいたのは写真の「シャリュキュトリーランチ」。
メインがこのボリューム(右)で、お茶の飲み放題と
前菜盛り合わせ(左)が付いて1500円と、お得感満載!

右のプレートのソーセージの奥が砂肝なんですが、
「今まで食べた中で一番美味しい砂肝だから、再現お願い!」
という訳で、私なりに作ってみることにしました。


[ クミン風味のやわらか砂肝のコンフィ Table ogino風 ]
作りやすい分量
・砂肝 200~300g
・すりおろしにんにく 1かけ
・すりおろし生姜 1かけ
・クミンシード 小さじ1
・コリアンダーパウダー 小さじ1
・ブラックペッパー 小さじ1/2
・塩(ぬちまーす)小さじ1
・ローリエ 1枚
・ナンプラー 大さじ1
・料理酒(塩が入っているもの)大さじ3
・オリーブオイル 大さじ2


砂肝は下処理はせずにそのまま使います。
(小さいのがお好きな方は半分にカットしてください)

すべての材料を袋の中に入れてもみもみ。
ローリエの先で袋が破れやすいので気を付けてくださいね!

塩分のない日本酒や白ワインを使う場合は、
お塩とナンプラーを多目に入れてください。


もみもみしたあと、空気を抜いて口を縛ったら
そのまま冷蔵庫で1日くらい寝かせます。

寝かせたら袋から出した砂肝を圧力鍋に平らに並べて加熱。

ちなみに私の圧力鍋はアサヒ軽金属の「ゼロ活力鍋 Mサイズ」。


アサヒ軽金属「ゼロ活力鍋」製品情報
http://www.asahikei.co.jp/zero/

圧がかかってからだいたい5分加圧で柔らかくなります。

焦げやすいので加熱前に50mlほどお水を足して、
火力は圧がかかるギリギリのしてくださいね!


出来上がり!

これはお鍋から出したままですが、砂肝から出た水気を飛ばして
さらにコリアンダーとクミンシード各小さじ1/2を加えると、
更にオリジナルに近くなりますよ。

最終的な味もここで調整してください。


「これが砂肝か!」とびっくりするくらい柔らかく仕上がります。

砂肝は鉄分もたんぱく質も豊富なので、女性にはぴったり!
おすすめの食材です♪