2017年3月1日水曜日

村上春樹「騎士団長殺し」を買ってしまいました


こんばんは、小田薫です。
今日は久しぶりに東京での仕事でした。

東京駅内の本屋さんにふらっと立ち寄ると、
見つけてしまいました。


先週発売された、村上春樹著『騎士団長殺し』。
・・・思わず買ってしまいました。

まだほとんど読んでいないので、
この本に触れるのはやめます。

でも、繰り返し村上作品を読んでいる私にとっては
久しぶりに面白い新作になりそうな気がします!

続きを読むのが本当に楽しみです!


最近私のカバンにはこの2冊の本が入ってます。


右:村上春樹『走る時について語る時に僕の語ること』文芸春秋、
2007年
左:アレフレッド・アドラー『人生に革命が起きる100の言葉』
小倉広 解説、ダイヤモンド社、2014年


私にとって、どちらも生きるヒントというか、
生きる方向を示してくれるような本です。

何度読んでもハッとする箇所がちりばめられています。