2011年11月24日木曜日

しっとり! もちもち!! サツマイモのケーキをつくりました


こんにちは。
小田薫です。

私は昨日も書きましたが、
最近ゆっくりとした生活を送っています。

というのも実は、作品の案が煮詰められず
制作に移すまで至らないという、厳しい現実の中にいます。


そんな時、私は料理をします。

いま現在、いろんな方からいただいたサツマイモが
我が家にはたくさんあるので、久しぶりにケーキを作ってみました。

甘いものよりは煎餅派の私が、もう4回も作ったので
きっとおいしいと思います。
ぜひ、皆さんもつくってみてください!!
おススメです♪

しっとり! もちもち!! サツマイモのケーキ
(パウンドケーキ型2個分)
[ 材料 ]
・サツマイモ 400gくらい(増減してもOK)
・卵 3個
・お砂糖 80g
・有塩バター 30g
・無塩バター 30g
・牛乳 15cc
・お好みでシナモン・バニラエッセンス 適量

※オーブンを180℃に予熱しておいてください!
※サツマイモの種類はなんでも構いません。
鳴門金時や黄金千貫などの甘味の多いお芋を使うときは、
お砂糖の量を加減してください。


[ 作り方 ]
1.サツマイモを1cm厚さに切って、水にさらしてアク抜き後、
竹串がすっと通るくらいの軟らかさになるまで茹でます。


2.お芋を茹でている間に、パウンド型にクッキングシートを
セットしておきます。
余った部分をホチキスで留めると便利です。
※紙の型や金属型をそのまま使うときは、型にバターを
塗っておいてください。ひっつきます。


3.茹であがったお芋をフード・プロセッサーで潰し、
お砂糖、溶かしたバター、卵黄1個分を加えよく混ぜます。
※私は皮は剥きませんが、気になる方は剥いてください。


お芋がペースト状になりました。
多少、粒々が残っていても大丈夫です!


4.別のボールにお砂糖と残りの卵を入れて、泡立てます。
ハンド・ミキサーがあると非常に楽です♪ 


このくらいしっかりと泡立てると、ケーキがきれいに膨らみます。


5.3.のお芋のペーストの中に4.の卵のふわふわを何回かに
分けて混ぜ入れます。
このときに、卵の泡を潰さないようにさっくりと混ぜるのが
ポイントです!


6.5.の生地を型に流し入れます。
黒ごまをふると焼きあがりが香ばしくなります。


7.180℃のオーブンで30分焼きます。
カップケーキ等小さめの型を使う場合は、時間を短くしてください!


ベーキング・パウダーを使わなくても、こんなに膨らみます♪



8.できましたー!! 完成でーす!!
一応オーブンから出したら串を刺して、火が中まで通っているか
確認してください。



このケーキはお砂糖とバターの量だけしっかり測ればよいので、
私のようなざっくりした性格の人でも失敗せずに作れ、
とっても簡単です♪

作りたてはもちろんおいしいですが、次の日以降も食べる分を
レンジで少しチンするだけで、作りたてが復活します!!

本当においしいので、ぜひ作ってみてください!