2018年3月10日土曜日

今までありがとう土鍋、これからよろしく鉄鍋。


こんにちは、小田薫です。

私は神奈川県の茅ヶ崎市に住んでいます。
引っ越してきて丸13年経ったのですが、
昨夜はじめて格闘家の小川直也さんを道でお見掛けしました。

近所に「小川道場」というのがあるので、
住んでらっしゃるのは存じ上げていたんですが、
なかなか遭遇することがなく…。

私も大柄な方ですが、小川さんはデカい!
何かの試合についてのお話を熱心にされていました。


一人暮らしをはじめて以来、毎日のように使っていた土鍋に
手を入れられないほどの亀裂が入ってしまいました。

2013年の年末に渋谷ヒカリエの「d47 design travel store」で
購入した益子焼の小さい土鍋。



大きさが一人分を作るのにぴったりで、
本当に使い勝手が良かったです。



今は小麦のアレルギーで食べられないけど
牛筋を入れたカレーうどんを作ってみたり、



大根おろしを入れた常夜鍋を作ってみたり、



トマトチーズスープを作ってみたり。
どんなお料理でも引き立ててくれる、いいお鍋でした。



でもこんなにひびが入ってしまっては仕方ない…。
水を入れたら漏れてくるし、
汁物を入れている時に全壊されては困る…。

ということで、壊れる心配のない鉄鍋を買いました。

ストウブやルクルーゼなどお鍋も考えたんですが、
琺瑯びきしてあると鉄分補給できない。
しかも予算的にもちょっと難しい。



最終的に私が選んだのはキャンプ用品の鉄鍋。
「CAPTAIN SNAG」のココット鍋14cm。

IH対応、オーブンOKに加え、¥1500足らずという
コストパフォーマンスの良さ!

家に到着してから結構な頻度で使っています。
使った後は洗剤無しで洗い、コンロで焼くだけという
手入れの簡単さもとても良い!



これはほうれん草チーズカレー。
火の通りも保温性も良くて、調理時間が短いです。


鉄分補給を意識しているので、やかんも鉄製に変えました。



平塚の骨董市で見つけた鉄製のやかん。
見栄えをよくするためか外にも内にも蜜蝋が付いてて
取り除くのにたいへんな手間がかかりましたが、
やっぱりこれで沸かしたお湯は美味しいです。

制作のためだけでなく、普段の生活にも鉄が増えてきました。
これからどんな鉄ものが増えていくのか、
自分でも楽しみです!